<   2008年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ステイ ウィズ ミー

こんばんは、あなたの心の恋人つやまみほでございます。
硝子の少年を聴きながら今年を振り返ろうと思います。


卒業制作やら卒業やらの頃の慌ただしさが遠い夢のように思い出されます。あれは1月~3月頃のことでしょうか。レイニーの東京ツアーも重なり、私の心身はへろへろでございました。
いちばんなんかもう悔やまれるのは京都市美術館と東京の往復でした。
今年から楽をしてもよいとなりましたが、どうしてこう体はひとつなのか恨みました。

無事に卒業できると、今度は自身の生活の不安が押し寄せて参りました。
しばらくふらふらしていましたが、定職らしいこともせずに8月までぼんやりと生きていました。その間に4回バイトが変わりました。
バンドが7月までおやすみだったので、私は私でひとりおよばれVJすることが増えました。
こういったことにおいては今年はフットワークの軽い年だったと思います。
いろいろ実験投影みたいなこともできて、自分としては楽しかったです。

8月からWebデザインの仕事を始めました。覚えることは多いですが、やはりいちばん自分にしっくりくるなァと感じております。
ぷーの身ではありますが、いくつかちゃんと機能しているWebサイトをいくつかデザインさせていただいて、うれしはずかしです。

バンドもバンドで7月から田中さんがボーカルで加入し、きゃぴきゃぴしたライブをしました。去年と比べると本数は半分以下になりましたが、ひとつひとつに実感を持てるライブをしてこれたんじゃないかと思います。


今年は実りある出会いも多くありました。多くの優しい人に助けられました。自分の幼さに気付いた年でもあります。

去年思い描いていたやりたいことはあまり実現できませんでしたが、惜しい線はいってるのではないかと思います。
いや、自分で惜しいなんて言ってるうちはまだまだなんでしょう。
しかし来年こそは作品発表しようと思います。します。だからみんな助けを求めると思いますので、お時間都合あいましたら助けてください。




そろそろ京都駅に到着です。
しばらく実家に帰ります。

皆さんよいお年を
[PR]
by luminopink-fish | 2008-12-31 19:06 | 自分のこと

バンド忘年会

e0095715_175996.jpg

年納め鍋パーティー中です。
そこにドラムがあるのでセッション大会になりました。

ろけんろー
[PR]
by luminopink-fish | 2008-12-30 01:07 | 自分のこと

キャンディキャンディ

e0095715_21311021.jpg

アメ村のキャンディというクラブでVJです。
なんかバブリーな感じなのに悪そうなお兄さんやお姉さんがうろちょろしてます。

オールだから遊びに来てね
[PR]
by luminopink-fish | 2008-12-22 21:31 | 自分のこと

木綿のハンカチーフ

ブログなんて嫌いだ。
ミクシイなんて信用しない。
ただ自分がさみしい人間だってことを再認識するだけじゃないか。


街に溢れるクリスマスちっくなものはみんな嫌いだ。
私がさみしい人間みたいじゃないか。




さみしくなんかないよ
さみしくなんかないよ
さみしくなんかないよ
さみしくなんかないもん
さみしくなんかないってゆってんじゃん
でもさみしい人間みたいだと思われたくないもん
[PR]
by luminopink-fish | 2008-12-21 23:25 | 自分のこと

ただ、あたたかい涙を流したんだ

昨日マンガミュージアム行きたかったんですが、行けなかったのでブックオフ行ったのです。
それで、槙ようこ氏の『あたしはバンビ』を読んだのです。
以前に2巻まで読んでいたので、てっきり私は2巻で完結したのだと思っていたので、3巻があるのにびっくりしました。
2巻までで終わっていれば、私の好きな少女漫画に付け加えたい出来でした。

槙ようこの作品は、モノローグがとても少女漫画的だと思います。
わざとらしいのと乙女ちっくさと叙情的さがちょうどいいのです。
吉住渉は乙女ちっく過ぎます。
矢沢あいはわざとらしすぎます。
槙ようこはちょうどいい割合でリリカルさがあるように感じました。

それは画の構図やストーリーも含めてそう感じたのです。


『あたしはバンビ』は地味な女の子が高校デビューして恋をする、という他愛ないお話なんですが、何気ない高校生活の微妙な心理描写がなんかねえ、ちょっと心の隙間にお邪魔してくるんですよ。きゅんとすると言うよりは、友達の恋愛を見守っていたあの感じに近いです。でもいいとこ突くんですよ。思い出の琴線の。
主人公級のカワイ子ちゃんがライバル的立ち位置で出てくるんですが、この子がえらくいい子で、主人公級のイケメンに恋する主人公が身を引く姿や、ふられてしまうところとかなんか主人公の女の子がとても脇役ちっくに描かれているようで、おそらくはほとんどの少女たちはこの主人公と同じ立場にいるんだろうな、と感じました。
みんな自分が主人公だと思っているけれど、実際の生活では主人公的な無茶な振る舞いはできませんよ!

3巻で完結なんですが、私は2巻のラストシーンが切なく美しいと思いました。
3巻は3巻でいいセリフ出てきますけど。


槙ようこって言ったら『あたしはバンビ』の次に『愛してるぜベイベ★』を描かれていますが、ちょっとしか読んだ事ないので、近日中に読んでみたいと思います。

*******

明日月曜日、大阪心斎橋で完全アウェイのVJやります。
テクノ/エレクトロニカということしかわかりません。
場所は当日わかると思います
詳細わかったら予告します。
オールナイトです。
よかったら来てね。
[PR]
by luminopink-fish | 2008-12-21 18:21 | 感想

ビーバーレコード


蛸薬師のビーバーレコードが閉店セールやってます。
なんかサブカルくさい店だったので、気に入ってただけにさみしいです。
思わず大量購入しました。


みんなよっしー(二十人ギター)に会いに行ってね!
1月13日までらしいよ!
[PR]
by luminopink-fish | 2008-12-20 20:09 | 自分のこと

テノリオン

e0095715_23415761.jpg

楽しかったです。
普段懐石料理屋とだけあってごはんサイコーに美味しかったです。
[PR]
by luminopink-fish | 2008-12-13 23:41 | 自分のこと

手乗り音

e0095715_10721.jpg

12月13日は双子の日らしいですね。
姉、妹を作った日だそうです。

それはそうと、2時間前に決まりましたが、私VJします。


2008年12月13日(土)
「テトプロップ」×「テノリオン」映像と音楽のチルアウトミュージック、カフェイベント。
15:00 open
21:00 close

¥1000(2ドリンク付き):別途フードメニューもご用意しております。
@AWOMB(アウーム
お問い合わせ:075−721-1357
 
※市バスご利用の場合
 最寄りのバス停:上終町 京都造形大前下車 徒歩5分
  ・地下鉄北大路駅から市バス204系統循環
  ・京阪出町柳駅から市バス3系統上終町京都造形行き
  ・京都駅、三条京阪から市バス5系統岩倉行き
  ・四条河原町から市バス3系統百万遍・上終町京都造形行き
※叡山電車ご利用の場合
 最寄りの駅:茶山駅下車 徒歩15分
  ・京阪出町柳から叡山電車乗り換え

■選曲
Hiramatsu
hsmt

■映像 (18:00-21:00)
akira-o (この人のお手伝いですが、到着までずっとひとりなので、さみしいかもしれません。ので、来てくれたら嬉しいのです。)


■トークショウ(18:30-19:30)
「テノリオン 西堀様と対談トークショウ」
西堀 裕(ヤマハ株式会社・サウンドテクノロジー開発センター主任) × 岡澤 理奈 (インタフェースデザイナー:ひと・もの・ことをつなぐ仕事)


■テノリオン ライブショウ(19:30〜)
ルビオラ

(プロフィール)
西堀佑さん 1978年生まれ。慶応義塾大学環境情報学部卒業後、ヤマハ株式会社に入社。イノベーティブテクノロジー開発本部に配属となる。ヤマハ側のプロデューサーとして、メディアアーティスト岩井俊雄さんと共にTENORI-ONの開発に携わる。現在、サウンドテクノロジー開発センター主任
http://ascii.jp/elem/000/000/124/124011/ より抜粋
「TENORI-ON」公式サイト
http://www.yamaha.co.jp/design/tenori-on/swf/index.html



今回は特別企画として、YAMAHAサウンドテクノロジー開発センター主任の西堀 裕さんをお招きし、メディア・アーティストの岩井俊雄さんと共に開発した"TENORI-ON"についてのスペシャル・トークショウを交えて開催します。また、

スペシャル・トーク・ゲスト 西堀佑(ヤマハ株式会社・サウンドテクノロジー開発センター主任)
1978年生まれ。慶応義塾大学環境情報学部卒業後、ヤマハ株式会社に入社。イノベーティブテクノロジー開発本部に配属となる。ヤマハ側のプロデューサーとして、メディアアーティスト岩井俊雄さんと共にTENORI-ONの開発に携わる。現在、サウンドテクノロジー開発センター主任

スペシャル・ライブ・アクト RUBYORLA plays TENORI-ON (from Harp On Mouth Sextet)
90年代初頭より様々な活動・リリースを経て、2000年よりソロ名義となるRUBYORLAとして活動開始。2004年発表のアルバム「Samplin Somethin」の他、リミキサー・アレンジャー・プロデューサーとして多数の作品に参加。自身が指揮するエレクトロニカ雅楽ユニットHarp On Mouth Sextetも新作(2枚組!)を12月3日にリリース。今年初めよりTENORI-ONと映像をシンクロさせた独自のスタイルを確立させ、今夏は東京ビッグサイトで行なわれたTENORI-ONイベントのメインアクトを務めた。常にエンターテイメント性を追求したライブは必見。

ホスト 岡澤 理奈 (インタフェースデザイナー:ひと・もの・ことをつなぐ仕事)
2004年岐阜県立情報科学芸術大学院大学(IAMAS)修了。MEDIA SHOPデザイナーを経て、2007年より個人事務所にてコミュニケーションをスムーズにしたり魅力的にしたりすることに尽力する仕事をはじめる。美術作家/ブックソムリエ/大学非常勤講師/DVDレーベルのアートディレクターとしても活動中。


普段はオサレ懐石料理屋さんで、一席3000円からみたいなとこなので、このチャージは価格破壊だと思います。
私ちょこっとだけですが、オサレ気分を楽しもうとおもいます。
みんな、おめかしして来い!
[PR]
by luminopink-fish | 2008-12-13 01:00 | なんかやるよ

フェル先生

I do not like thee, Doctor Fell
I do not like thee, Doctor Fell,
The reason why I cannot tell;
But this I know, and know full well,
I do not like thee, Doctor Fell.


***********

フェル先生 ぼくはあなたが嫌いです。
どうしてなのかは わかりません。
でも 確かです。全く確か。
フェル先生 ぼくはあなたが嫌いです。
[PR]
by luminopink-fish | 2008-12-11 22:49 | 自分のこと

気の抜ける

凍狂から帰って数日
私は本当にだめだめな子に成り下がりました。

目覚ましが機能しません。
目覚ましで機能しません。


1年を振り返っても、私は大したことも出来ずにのらりくらりしていたように思えます。
この1年の間に、周りの人間は就職したり、クビになったり、自ら辞めたり、妊娠したり、しなかったり、結婚したり、つきあったり別れたり、病気になったり、治ったり、引っ越したり、実家帰ったり、ダメ人間になったり、立派になったり、公演したり、企画潰したり、つまり非常に忙しかったりするのです。
私はというと、現状の生活に追いつくのが精一杯で、周りの人をうらやましがってばかりだったのです。

今年でトリビアなスキルも増えました。
地味に役に立ちます。


凍狂で会った友人と話して、いくつか見直すことが増えました。
もう、みんな叱ってください!
というのは辞めます。
誰も叱ってなんかくれないのが大人になることなんだと思いました。


体調もなんだかおかしいので、一度お医者に診てもらわなくては。


ただ、有意義な出会いも多くありました。
それは確かです。
全く確か。
[PR]
by luminopink-fish | 2008-12-11 22:45 | 自分のこと

音楽に合わせてきらきらした映像流したりして喜んでいる、2.5次元なガーリィなVJ fisHのとっても個人的なブログだよ!


by luminopink-fish

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

以前の記事

2012年 08月
2012年 07月
2011年 12月
more...

とんでけ

Lainy J Groove
私がVJで参加させてもらってるおにいちゃんたちのバンド

つんちゃんの夢日記
かわいいかわいい双子の妹

panda fix
パンダだいすき

鈴木サーキット
すずきあゆみちゃんのブログ

何と無く、何となれば、整然としたように見える。
二十人のドラムのこうさんのblog

LLama Blog
らまくんたちのブログ

無料アニメスクープ
便利便利。

You Tube
マイページ

my space
こっそり

カテゴリ

全体
自分のこと
ライブ
授業
ゲーム
踊る
仕事
撮る
感想
波乗り
なんかやるよ
連載1
未分類

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧