カテゴリ:感想( 35 )

出口のない海

出口のない海 [DVD]

ポニーキャニオン


以前特攻の島というマンガを読んだ際に感想っぽいもの書きましたが、映画でも観たくなって『出口のない海』を観てみました。
しほちゃんが以前から勧めてきていたので、期待し過ぎたところがありましたが、映画としてはちょっと肩すかし感がありました。
戦争映画なんですが、ほとんどそんな描写はなくて、市川海老蔵演じる並木少尉の日常の回想やその周りの人とのドラマがメインでした。

ドラマ部分はいいのですが、それが最後の並木少尉の言ってた死ぬ意味に直結しない気がするのです。
それが、私の期待と大きく違ったところでした。

原作小説を読めば、恐らく違う感想をもてるのだと思いますが、こういった映画はやはり人物に感情移入させることで伝えたいことがわかるんじゃないかと思います。

戦争映画の感想はデリケートなのでいい映画、悪い映画などと大雑把に括れないですが、戦争って、若い命を無意味に死なせたもの、とは思いたくないです。
[PR]
by luminopink-fish | 2011-06-14 03:40 | 感想

キャプテンマーベラス

日曜日はゴーカイジャーを楽しみにしています。
キャプテンマーベラスの俺様っぽいところがたまらなく好きです。
e0095715_1183658.jpg

口の形が生意気そうでとてもいいです。

妹はゴセイジャーやってた千葉雄大が好きみたいですが、こっちのが肉喰ってそうな口していてきゅんbんきゅんします。

プリキュアも観てるので必然的にオーズも観ているけれど、今回の展開はいろいろ疑問でした。
伊達さんと後藤ちゃんの関係を見守ろうと思ってたのに、伊達さんお金貯まったらあっさり退職するんですね…。
後藤ちゃんは線が細くてバースとしてやっていけるか心配です。


劇場版は子供いっぱいいるんだろうなーと思うと行くの気が引けるのですが、小澤亮太が気になるので是非観に行きたいです。
タイムレンジャーのレンジャーキーとか劇場版でどさくさ集めてたらがっかりするな…。
[PR]
by luminopink-fish | 2011-06-13 01:24 | 感想

可能性ガール

CIRCUS

栗山千明 / DefSTAR RECORDS


発売からかなり経って買ったので、初回DVD付きじゃなかったorz
これ聴きながらデザインしてます。
栗山千明は大好きなんですが、というか、最近の千明ちゃんは可愛くなってる気がするんですが、どうしたの。千明ちゃん、クールビューティではないの?いや可愛い千明ちゃんも大好きです。

『いつかA列車にのって』という映画で確か宇多田ヒカルを歌っていたと思うのですが、このCD聴いてると、上手になったなあと嬉しく思います。
作曲者がやたら豪華です。椎名林檎、浅井健一、布袋寅泰、櫻井敦司とかいろいろ。
すっごい久々にCD買ったけど。
私個人としては、スクリーンで千明ちゃんを観たいので、歌もいいけどもっと映画とか出て欲しいなあと思います。

いまやってる『リバウンド』はクールな千明ちゃんが観れて嬉しいです。


今日は1H1D!!!天気も悪くない!来れる人は来てねー★
[PR]
by luminopink-fish | 2011-06-03 15:30 | 感想

闘っているポップとロック

e0095715_16465978.jpg

パウル・クレー 「蛾の踊り」

京都国立近代美術館に行きました。
クレー展やってたので。

クレーの絵は遊び心があって、見ていて楽しかったです。
絵を描きたくなりました。
[PR]
by luminopink-fish | 2011-05-13 16:56 | 感想

微笑みがえし

微笑みがえしの3人ともスカートが短くてスマイレージなんてメじゃないぜ。
今日はお部屋の大掃除してました。部屋の掃除で足の裏がなぜか黒くなりましたが、とても広いお部屋になりました。

キャンディーズのスーちゃんが亡くなったそうです。
田中好子さんってゆうと、女優のあの人のイメージがありますが(世代的にはゴジラ対ビオランテとか家なき子とか)スーちゃんというと、3人組のアイドルのスーちゃんのイメージがあります。
e0095715_22114647.jpg




田中好子さんは私の知ってる限り女優でしたが、世間では、というより世代の人にとっては、アイドルスーちゃんだったんでしょうか。
カラオケ行きたいなー
[PR]
by luminopink-fish | 2011-04-22 22:20 | 感想

ぱらのまる

『パラノーマルアクティビティ』観てきました。youtubeで全米公開時のオリジナルED観ましたが、今日観た方のEDの方が、ホラー映画としてよいと思いました。
ああゆうドキュメンタリー風の映画はブレアウイッチ以降ちょいちょい話題になってますが、私は割とパラノーマル好きです。固定カメラがメインだから、酔わないし。

もうこういうジャンルのホラーは新しくないので、シナリオや演出で勝負しなねばならないのだね。
邦画もがんばれ。『放送禁止』シリーズとか、頑張れば勝負できるような気がします。


『スペル』観たときも思ったんですが、悪魔憑きモノがピンとこないのは、身近にカトリックとかないからで、悪魔がそんなに怖い存在に感じないからなんでしょうか。
でも悪霊とかとは違うし、欧米で言うところの悪魔は、日本で言うところの鬼や狐みたいなもんなんでしょうか。そう考えると神様みたいな存在は世界中にいるし、相対する存在の鬼や悪魔みたいな存在も世界中にいますよね。世の中はそういった人間の理解できない存在がたくさんいて、それらを文化の違いで悪魔、鬼と呼んでるんでしょうか。

でも日本で鬼退治系の話は流行んないです。
悪霊退散系とか怨念系ばかりです。
日本人の信仰心とか畏れが薄くなってるから、もう怖くないからなのかしらん。


眠い、わけわかんなくなってきたので寝ます。
やる気でないけど明日もがんばるんばー
[PR]
by luminopink-fish | 2010-03-17 01:17 | 感想

EXILEが流れていた

電車がなかなか来ないので「KUNIO04迷路」の感想でも書こうかと思いましたが、なんかネタバレ厳禁だそうでもどかしい限りです。

邦生さんは大学の先輩でして、キングオブダンサーズというダンス大会なのか芝居なのかパフォーマンスなのかよくわかんないけどダンサーを贅沢に使うとかいう企画のときにお手伝いしました。その際に知り合った方です。


今回の「迷路」に関してもそうですが、毎回演劇をエンターテイメントとして楽しめるように演出なさっていて、感心するばかりです。
場所や役者やスタッフやもういろんなものを贅沢に使っているように思います。贅沢に使って、時にそれはもったいないくらいなのに、潔さが痛快なものとして演出されています。
今回は特にそう感じました。
斜めなものを嫌がってるのに、ストレートにもならないバランスがいいと思いました。


明日が千秋楽だそうで、気が向いたらネタバレでも書こうかと思います。
アイホールです。
[PR]
by luminopink-fish | 2009-01-24 22:30 | 感想

ただ、あたたかい涙を流したんだ

昨日マンガミュージアム行きたかったんですが、行けなかったのでブックオフ行ったのです。
それで、槙ようこ氏の『あたしはバンビ』を読んだのです。
以前に2巻まで読んでいたので、てっきり私は2巻で完結したのだと思っていたので、3巻があるのにびっくりしました。
2巻までで終わっていれば、私の好きな少女漫画に付け加えたい出来でした。

槙ようこの作品は、モノローグがとても少女漫画的だと思います。
わざとらしいのと乙女ちっくさと叙情的さがちょうどいいのです。
吉住渉は乙女ちっく過ぎます。
矢沢あいはわざとらしすぎます。
槙ようこはちょうどいい割合でリリカルさがあるように感じました。

それは画の構図やストーリーも含めてそう感じたのです。


『あたしはバンビ』は地味な女の子が高校デビューして恋をする、という他愛ないお話なんですが、何気ない高校生活の微妙な心理描写がなんかねえ、ちょっと心の隙間にお邪魔してくるんですよ。きゅんとすると言うよりは、友達の恋愛を見守っていたあの感じに近いです。でもいいとこ突くんですよ。思い出の琴線の。
主人公級のカワイ子ちゃんがライバル的立ち位置で出てくるんですが、この子がえらくいい子で、主人公級のイケメンに恋する主人公が身を引く姿や、ふられてしまうところとかなんか主人公の女の子がとても脇役ちっくに描かれているようで、おそらくはほとんどの少女たちはこの主人公と同じ立場にいるんだろうな、と感じました。
みんな自分が主人公だと思っているけれど、実際の生活では主人公的な無茶な振る舞いはできませんよ!

3巻で完結なんですが、私は2巻のラストシーンが切なく美しいと思いました。
3巻は3巻でいいセリフ出てきますけど。


槙ようこって言ったら『あたしはバンビ』の次に『愛してるぜベイベ★』を描かれていますが、ちょっとしか読んだ事ないので、近日中に読んでみたいと思います。

*******

明日月曜日、大阪心斎橋で完全アウェイのVJやります。
テクノ/エレクトロニカということしかわかりません。
場所は当日わかると思います
詳細わかったら予告します。
オールナイトです。
よかったら来てね。
[PR]
by luminopink-fish | 2008-12-21 18:21 | 感想

ロマンティックと、め、て!

ところで、先日京都国立博物館で暁斎展を観て来たのですが、楽しかったです。

河鍋暁斎は、江戸時代末期から明治時代初頭にかけて活躍した日本画家で、妖怪とか幽霊とか地獄絵とか描いたり、普通に狩野派系の美人画とか菩薩とかも描いたりしていた画家です。
この人はポップセンスが素晴らしく、例えば風神雷神にしても、ちょっと愛嬌のあるキャラクターとして描くので、人気だったらしいです。

しばらく見回っていると、彼の「俺天才」っぷりが垣間見えて来て、鼻につきますが、今月11日までやってるらしいので、暇があれば行ってきたらいいと思います。
[PR]
by luminopink-fish | 2008-05-03 18:57 | 感想

R2

コードギアスR2観た。
なんか測りきれなかった。

目覚める前と目覚めた後だと、ルルーシュの立ち居振る舞いが違いすぎて爆笑した。
[PR]
by luminopink-fish | 2008-04-08 16:59 | 感想

音楽に合わせてきらきらした映像流したりして喜んでいる、2.5次元なガーリィなVJ fisHのとっても個人的なブログだよ!


by luminopink-fish

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

以前の記事

2012年 08月
2012年 07月
2011年 12月
more...

とんでけ

Lainy J Groove
私がVJで参加させてもらってるおにいちゃんたちのバンド

つんちゃんの夢日記
かわいいかわいい双子の妹

panda fix
パンダだいすき

鈴木サーキット
すずきあゆみちゃんのブログ

何と無く、何となれば、整然としたように見える。
二十人のドラムのこうさんのblog

LLama Blog
らまくんたちのブログ

無料アニメスクープ
便利便利。

You Tube
マイページ

my space
こっそり

カテゴリ

全体
自分のこと
ライブ
授業
ゲーム
踊る
仕事
撮る
感想
波乗り
なんかやるよ
連載1
未分類

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧