少女漫画についてついてとかちつくちて

私、少女漫画すごい好きなんです。
最近はあまり読んでいないのですが、ときどき漫画について語りたくなるのです。


大島弓子『綿の国星』は純然たる少女漫画だと思います。非常に文学性が高いです。
なんでもない日常を、猫の目線から劇的に、ロマンティックに、夢の世界のように描いてるのが、好きです。とても詩的なので、絵で受け付けなくとも読んでみて欲しいです。

それから椎名あゆみ『あなたとスキャンダル』は、入り口が女の子同士の片思いであれど、主人公の女の子の心の移り変わりがとても丁寧に描かれています。
加えてバンドものの漫画なので、主人公の追いかける女性ボーカルに憧れる気持ち、その中でドラムの男の子に恋を抱く気持ち、がうまいこと整理されていて、「私、新(ドラムの男の子)のことが好き…!」というコマは筆舌し難い照れくささとときめきを覚えます。感情移入しやすい漫画だと思います。

少女漫画は『ガラスの仮面』や『ベルサイユのばら』でわかるように、劇的な展開や、ドラマティックな画を主軸に進化して来たと思います。
近年では、内容がドラマティックであろうが、絵面はほのぼのとしたものが多いと思います。
小畑友紀『僕等がいた』はなんて特徴のない、ステレオタイプの女の子が、過去に痛い失恋をした男の子に恋をし、彼の病んでいる心を垣間みるみたいな話なんですが、主人公の惚れる男の子が非常に複雑で、独占欲が強くて、今にも死にそうで、魅力的なのです。しかし、彼はあまりにも劇的すぎて、私たち読者は離れたところで、この恋愛を見守っている感覚になります。彼の心の闇が、主軸のミステリーとなって、いくつもいくつも謎が出てくるのです。

少年漫画とやっぱりおおきく違うのは、少女漫画の方が若干文学的なところかしら。
[PR]
by luminopink-fish | 2008-01-26 16:39 | 自分のこと

音楽に合わせてきらきらした映像流したりして喜んでいる、2.5次元なガーリィなVJ fisHのとっても個人的なブログだよ!


by luminopink-fish

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

以前の記事

2012年 08月
2012年 07月
2011年 12月
more...

とんでけ

Lainy J Groove
私がVJで参加させてもらってるおにいちゃんたちのバンド

つんちゃんの夢日記
かわいいかわいい双子の妹

panda fix
パンダだいすき

鈴木サーキット
すずきあゆみちゃんのブログ

何と無く、何となれば、整然としたように見える。
二十人のドラムのこうさんのblog

LLama Blog
らまくんたちのブログ

無料アニメスクープ
便利便利。

You Tube
マイページ

my space
こっそり

カテゴリ

全体
自分のこと
ライブ
授業
ゲーム
踊る
仕事
撮る
感想
波乗り
なんかやるよ
連載1
未分類

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧