少女漫画

なんだか眠れないのである。
おなかいたいの。
感想でも書きます。

『戦後少女マンガ史』
少女漫画の歴史、というよりかは、当時、当時の少女たちがどのように変容していったかがうかがえるのです。
かつて戦後の間もない少女たちは、豊かではない生活の中で、貸本屋などを利用し、漫画という娯楽に夢や憧れを馳せていました。自分より貧しく不幸なヒロインを応援し、ヒロインの幸せを高みから喜んでみていました。もしくは、フランスやドイツの華やかでオシャレなヒロインに遠い憧れを抱いたり。
時代が豊かになり、障害らしい障害がなくなれば、学園に視点をうつし、そこでのラブロマンスに憧れを抱き、おませがおませでなくなれば、スポ根、美少年愛、GS、など少女たちは自分にないヒーロー像を求めて、漫画も彷徨います。
でもいつの時代でも、お目目の星はどこか遠くの夢を見ているのである、と言い切った米沢氏は偉いと思う。

近年の少女漫画はずいぶんかわりました。
性描写が大変なことになってます。りぼんなのに!
前までそれは私にとって大変嘆かわしいことでしたが、なんかしょうがないことなのかもしれません。時代は加速していきます。少女たちも加速していくのも不可抗力なのかもしれません。
夢をみる対象がどこなのか、が少女漫画の方向も、ヒロインたちの、少女たちの行き先なのだと思います。

私は『セーラームーン』とか『赤ずきんチャチャ』とか『ママレードボーイ』とか『こどものおもちゃ』とか『ときめきトゥナイト』とか『レイアース』とか読んでいた少女期を過ごしたので、その頃のりぼんなかよしちゃおは、記号のようなもので、当時のことがプレイバックするのです。
すごいですね。
なんか当時流行ってた歌とかまで思い出せます。ポケビ。
なんというか、記号ってすごいですね。ポケモンもかなり私にとってキーアイテムですが、りぼんなかよしちゃおのパンチ力には敵いません。

お母さんに、紹介されていた少女漫画のタイトルをちょっと読み上げてみたのですが、ずいぶん細かな思い出まで思い出していました。当時のアイドルやら、友人のことやら。
お母さんは、なかよし派だったみたいです。
人格形成にも大きな影響を与えているような気もします。
そう考えると、やはり少女期に過激な漫画は控えた方がよいのではないかとも思えてきます。


少女は処女であろうがなかろうが、夢をみていなくてはならない!
[PR]
by luminopink-fish | 2007-09-11 04:22 | 感想

音楽に合わせてきらきらした映像流したりして喜んでいる、2.5次元なガーリィなVJ fisHのとっても個人的なブログだよ!


by luminopink-fish

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

以前の記事

2012年 08月
2012年 07月
2011年 12月
more...

とんでけ

Lainy J Groove
私がVJで参加させてもらってるおにいちゃんたちのバンド

つんちゃんの夢日記
かわいいかわいい双子の妹

panda fix
パンダだいすき

鈴木サーキット
すずきあゆみちゃんのブログ

何と無く、何となれば、整然としたように見える。
二十人のドラムのこうさんのblog

LLama Blog
らまくんたちのブログ

無料アニメスクープ
便利便利。

You Tube
マイページ

my space
こっそり

カテゴリ

全体
自分のこと
ライブ
授業
ゲーム
踊る
仕事
撮る
感想
波乗り
なんかやるよ
連載1
未分類

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧